2021年12月2日木曜日

new album「めぐるうた」予告編

今回の制作風景的な映像をアップしました。
いよいよ来週アルバム「めぐるうた」が発売です。
Directed by KURO THE ROCK (Do.Stock Works)


「めぐるうた/WATT a.k.a. ヨッテルブッテル」予告編
  


2021.12.8
WATT a.k.a. ヨッテルブッテル 3rd Album「めぐるうた」 Streaming / Download https://linkco.re/9ahZp0fc CD https://uyk.theshop.jp/items/54926236



2021年11月25日木曜日

アルバムの発売日を告知をする頃には

アルバムの発売日を告知をする頃には
色々落ち着いてのんびり過ごしているんだろうなぁなんて思っていたら
真逆の日々が待っておりました。
これが自主レーベルの宿命か、と楽しい日々を過ごしております。


そんな完全自主制作アルバム「 めぐるうた」から
2曲先行で配信しているんで
よかったら、お先にどうぞ。!
違うタイプのいい感じの曲です。


「いつかの二人 (feat. BOO)」


「TSUMAMI (feat. HI-KING TAKASE & GAPPER)」


CD売れないと言われるご時世ですが

CDを待ってくれてる方がいましたら大感謝です!!
12.8までもう少々お待ちください。





_______________


Artist:WATT a.k.a. ヨッテルブッテル

Title:めぐるうた

Release Date:2021/12/8 (Wed)

Label:牛山企画

Number:UYKD-010

Format:CD / DIGITAL

Price:¥2,500+Tax (CD)



Track List:

01.めぐるうた Intro

02.相槌

03.New Verse

04.TSUMAMI feat. HI-KING TAKASE,GAPPER

05.Sagami-Ono Sta. (2020)

06.いつかの二人 feat. BOO

07.Act Like You Drunk

08.青春のヒビ 〜至ってる〜

09.DARE feat. HUNGER,ポチョムキン

10.想巡

11.また遊ぼう (Album Mix)

12.IVANterlude

13.調子どう?

14.Born Again



『前作「栞」以来6年ぶりとなるWATT待望のニューアルバム。

今作も全てのラップとビートメイクを自身が手掛けた完全セルフプロデュース作品。

客演にはHI-KING TAKASE,GAPPER,BOO,HUNGER,ポチョムキン,DJ JUCO,DJ MUが参加。

nadenecoによる秀逸なアートワークも本作品を読み解く重要なkeyとなっている。』


_  _  _  _  _  _  _  _  _  _


WATTとの出会いは恐らく2006年辺り。

彼は当時2MCの「韻部」として活動しており、

「Mu-Sick」なるそれはもう筆者にとっては相当なクラシックを作り出した天賦の才持つ若者だった。


そんな彼のNew Album「めぐるうた」が2021年に到着。

2015年の前作「栞」を更に凌駕する彼の突出したBeat,Rap,Melodyセンスが多分に収められている。

14曲それぞれが無限に輝きつつ、着地点は1つのテーマで繋がるアルバムだ。


これまで積み上げてきた彼のキャリアも大いに語りたいところだが、

ここでは飽くまで本作に絞り、その突出したセンスをひとつまみしてみよう。


「相槌」でのDilla,Commonへの敬愛で見せる根っから一途なB-Boyイズム、

どこまででも突き抜ける堪らない爽快感にBOO氏の歌声でその力を増す「いつかの二人」、

既出シングルで十八番と言えよう本作屈指のバンギンチューン「DARE (feat. HUNGER & ポチョムキン)」、

同じく既出シングル、HipHopブルースとでも呼びたくなってしまう気だるいトラックに哀愁漂うサビが印象的な「また遊ぼう」、

ラストチューンに相応しいホーン・メロディ・リリックが狂おしい三つ巴の様相を見せ、ふと頬を濡らすであろう「Born Again」。


日毎夜毎、己のBeatとリリックに一喜一憂し、

クラブで気の知れた仲間たちと乾杯を繰り返し朝を迎え、

愛しい我が子の笑顔に万感の思いを馳せる。

等身大のWATTのストリートライフが十二分に伝播される作品だ。


R&Bには「変わりゆく、変わらないもの」なんて言葉があったりするのだけど、

WATTは今作でHipHopを「輪廻」と提唱して魅せた。

寄せては返す波の音。

出会いと別れ。

家族の死があり、家族の新たな生命を授かる。

Beatを切り刻み、新たなLoopを創作する。

自分とはいかに?

自問自答の繰り返し。


数を積み重ね、時を経たからこそ自然で無垢に吐露された「めぐるうた」。

ああ、僕も君も至ったもんだ、ねぇWATT??

(Text by RYJZ1)


_  _  _  _  _  _  _  _  _  _



「めぐるうた / WATT a.k.a. ヨッテルブッテル」

牛山企画通販 初回特典:サイン入りステッカー

▶︎御予約はコチラから◀︎


2021年11月12日金曜日

WATT 3rd Album 12/8 リリース!

本当に長いこと時間がかかりましたが


6年ぶりにNew Albumを出します!









(いやぁ、、長かった…)






時間をかけりゃ良いもんができるってわけじゃぁないんですが


時間をかけた甲斐のある(手前味噌ですが)良い作品になったと思っています。



ぜひ12月8日を楽しみにしておいてください!



(( 一番最後にもうひとつお知らせがあります )) 


_______________


Artist:WATT a.k.a. ヨッテルブッテル

Title:めぐるうた

Release Date:2021/12/8 (Wed)

Label:牛山企画

Number:UYKD-010

Format:CD / DIGITAL

Price:¥2,500+Tax (CD)



Track List:

01.めぐるうた Intro

02.相槌

03.New Verse

04.TSUMAMI feat. HI-KING TAKASE,GAPPER

05.Sagami-Ono Sta. (2020)

06.いつかの二人 feat. BOO

07.Act Like You Drunk

08.青春のヒビ 〜至ってる〜

09.DARE feat. HUNGER,ポチョムキン

10.想巡

11.また遊ぼう (Album Mix)

12.IVANterlude

13.調子どう?

14.Born Again



『前作「栞」以来6年ぶりとなるWATT待望のニューアルバム。

今作も全てのラップとビートメイクを自身が手掛けた完全セルフプロデュース作品。

客演にはHI-KING TAKASE,GAPPER,BOO,HUNGER,ポチョムキン,DJ JUCO,DJ MUが参加。

nadenecoによる秀逸なアートワークも本作品を読み解く重要なkeyとなっている。』


_  _  _  _  _  _  _  _  _  _


WATTとの出会いは恐らく2006年辺り。

彼は当時2MCの「韻部」として活動しており、

「Mu-Sick」なるそれはもう筆者にとっては相当なクラシックを作り出した天賦の才持つ若者だった。


そんな彼のNew Album「めぐるうた」が2021年に到着。

2015年の前作「栞」を更に凌駕する彼の突出したBeat,Rap,Melodyセンスが多分に収められている。

14曲それぞれが無限に輝きつつ、着地点は1つのテーマで繋がるアルバムだ。


これまで積み上げてきた彼のキャリアも大いに語りたいところだが、

ここでは飽くまで本作に絞り、その突出したセンスをひとつまみしてみよう。


「相槌」でのDilla,Commonへの敬愛で見せる根っから一途なB-Boyイズム、

どこまででも突き抜ける堪らない爽快感にBOO氏の歌声でその力を増す「いつかの二人」、

既出シングルで十八番と言えよう本作屈指のバンギンチューン「DARE (feat. HUNGER & ポチョムキン)」、

同じく既出シングル、HipHopブルースとでも呼びたくなってしまう気だるいトラックに哀愁漂うサビが印象的な「また遊ぼう」、

ラストチューンに相応しいホーン・メロディ・リリックが狂おしい三つ巴の様相を見せ、ふと頬を濡らすであろう「Born Again」。


日毎夜毎、己のBeatとリリックに一喜一憂し、

クラブで気の知れた仲間たちと乾杯を繰り返し朝を迎え、

愛しい我が子の笑顔に万感の思いを馳せる。

等身大のWATTのストリートライフが十二分に伝播される作品だ。


R&Bには「変わりゆく、変わらないもの」なんて言葉があったりするのだけど、

WATTは今作でHipHopを「輪廻」と提唱して魅せた。

寄せては返す波の音。

出会いと別れ。

家族の死があり、家族の新たな生命を授かる。

Beatを切り刻み、新たなLoopを創作する。

自分とはいかに?

自問自答の繰り返し。


数を積み重ね、時を経たからこそ自然で無垢に吐露された「めぐるうた」。

ああ、僕も君も至ったもんだ、ねぇWATT??

(Text by RYJZ1)


_  _  _  _  _  _  _  _  _  _



「めぐるうた / WATT a.k.a. ヨッテルブッテル」

牛山企画通販 初回特典:サイン入りステッカー

▶︎御予約はコチラから◀︎




【最後にもうひとつお知らせです】


本日[11月12日]24時より

アルバム収録曲「いつかの二人 feat. BOO」を先行配信します!


下のリンクからぜひお聴きください!


▽ 「いつかの二人 feat. BOO」配信Link ▽

https://linkco.re/sP2Rs5gp?lang=ja



12月8日リリースのアルバム「めぐるうた」をよろしくお願いします!


WATT

2021年9月19日日曜日

2021/09/19

先日は自分のアルバム用でとある方とレコーディングをしてまいりました。
口外NGなことを言ってなかったので一部には漏れてますが、まあ、良しとしております!

というわけで今は曲順を決めたりしてて
ついに、そろそろ、本当に、見えてきた感じがしております。
しかしながらまだまだやることはたくさん。



全然関係ないけど、うるとらブギーズのYoutubeチャンネルからめちゃ笑った「迷子センター」が消えてたのでキングオブコントで披露するんではと密かに期待しております。
そして息子(0歳)がたまにうるとらブギーズの八木に見える瞬間があります。

2021年7月24日土曜日

最近関わった作品など!と東京オリンピック。

最近関わった作品などです。
よかったらチェックしてください!

♪以前MIC大将にビート提供した作品が7インチになりました!
「Heart Of The 6 Cities/MIC大将」VINYL SINGLE(7inch) 



♪同じくMIC大将にビート提供した新しい作品が出ました!




♪NORIKIYOさんとDJ DEFLOさんのMIX作品に過去の曲を収録していただきました!
(※CDと配信では内容が違います)
「Another Locus Vol.2 Mixed by DJ DEFLO/NORIKIYO & DJ DEFLO」
CD 




♪Red Bullの企画にビート提供しました!
Red Bull 64 Bars - Season3 EP.7「64 Bars feat.peko」Curated by Mummy-D



まさに牛歩ですが、次のアルバムもじわじわ進行中です。。!


- - - - - - - - - - - - - - - - - -


「オリンピックのはなし」

ついに始まりましたね!東京オリンピック。
ほんとにやっちゃうんですね。

さんざん「やめてやめて」って言ったのにヤるんですね。
レイプされてませんか日本国民?一部の権力者たちの強欲の為に。
十分な説明もなく「チカラ」だけを盾に。

犯されてる当事者が
「はじまったなら楽しもう」
「なんか楽しかったからいいか」
とはならないと思うんですが、どうですか?
一度自分の頭で考えてみないと危ない気がします。

大きくてキレイな花火があがってたら
ついワクワクして見惚れちゃう気持ち、わかります。
ただ、その裏にある犠牲と今回の「お祭り」はあまりにも釣り合いが取れてないような気がするんです。

僕はこれまでの政府の対応と、散々振り回されたあげくなおざりにされてきた人たちのことを忘れないよう、この国の政(まつりごと)に参加していきたいと思いました。

2021年6月7日月曜日

20210607

どこの誰が見ているかわかりませんがお久しぶりです。
今年に入って子供が産まれました。
腱鞘炎になりましたがハッピーです。

今は、というかずっと、新しい作品を制作中です。
アルバムを今年出します。
「軽やかにやったらいいじゃない」という自分もいる反面で
「こんなんじゃ納得できんわ」という頑固な自分もいたりで毎日大変です。
で、ようやく完成が見えてきたと思った矢先にやりたいことがまたできてしまったところです。
どうしたものか。。。
ありがたいことに客演やビートの依頼もいただけたりで、自分のキャパの範囲内でと思いながらもかなりお待たせしちゃってる方々がいて申し訳ない限りです…。

日々我が子の成長の速度に驚きつつ、
作品の方もしっかりと育てていきたいと思います。

2020年12月31日木曜日

20201231

実はかな〜り長い間書けなかった曲があったんですが(ほんとうに長い間…)
つい先日ようやく腑に落ちるところまで辿り着きました。
書けてみるととてもシンプルで、
ぐちゃぐちゃに汚れたルーズリーフを眺めながら
なんでこんな言葉が出てこなかったのか、とか
ずっと悩んでたのがこれ?ってくらい不思議なんですが
思い返せばたぶんいつもそんな感じだったような気がします。
どうやら出来上がった瞬間にそれまでのツラさみたいなものを全部忘れてるだけっぽいです。。。
とにかく2020年内に、長いこと頭の中にあったモヤモヤが晴れてよかった。
またすぐに別の曲で同じような現象が起きるのでしょうが、ひとまずは…!






こないだ模様替えの勢いで

DIY初心者ながら椅子とキッチンカウンターなるものを作ってみました。



インターネットパワー万歳。




これはなんだかとても無心になれて、かつ環境の変化も生んでくれて
曲作りに少なからず良い効果を生んでいたかもしれない。。。



2020年は俺の頭の中以上にモヤモヤする一年でしたが、
来年は人も地球も、穏やかに健やかに過ごしたいものです。
みなさま良いお年を。

2020年12月30日水曜日

Schedule 2020

04/26(Sun)神奈川横浜 [DJ] ※開催延期
04/03(Fri)東京町田 [DJ] ※開催延期
03/22(Sun)静岡浜松 [DJ]
03/20(Fri)京都 [LIVE] ※開催延期

2020年12月20日日曜日

Web Shopで使えるXmasクーポン

 


知る人ぞ知る。
知らない人は知らない。
そんな私的web shop「牛山企画通販」で使えるクーポンを発行しました。
お買い物の際に【2020XMAS】と入力してもらえれば20%引きになります。
これを機によければ覗いてみてくださいませ。



2020年12月10日木曜日

20201210

今日は作詞作業。
といっても厳密には筆は進んでおらず、作詞の準備ともいえる作業。 
自分の周りではよく"ラップ筋"という言い方をするんですが
「筋」という字面の通り、使わないとすぐに衰えていき、 
いざ書こうとしてもなかなかうまく筆が進みません(特に自分は)。
なので今日は書こうとしているテーマに関連する言葉をひたすら紙に書き出したり、
音楽をランダムに聞いてみて今の自分がどんな表現にひっかかるのかを探ったりしてました。 

と、こうして文字に起こすととてもそれらしく見えたりもするのですが、本人的には肝心のリリック帳が白紙という現実に変わりはなく、目に見える進捗もないのでそれはそれでうしろめたさや「なにやってんだ俺は…」感が襲ってきます。
なので今日は逆説的に文字に起こすことによって、少しでもそれらしい達成感を得ようと試みております。
今日のムダ(と思われる行為)が明日以降報われることを信じて、、。